Manuel Rubalo

 

 

1958 born in the suburbs of Paris

Award

1995 Grand Prix at the salon of Nolay
2000 Grand Prix at the salon of Annet-sur-Marne
2001 Gold Medal at the salon  ofGournay-sur-Marne
EPA prize at the salon of Montreuil
Grand prix at the salon  of Argnteuil
2002 Silver Medal of Art, Science and letter
Gold Medal at the Salon d'Automne of Gournay-sur-Marne
Grand prix at the Salon de Nolay
2003 Gold Medal in the spring salon Monfermeil
2004 Grand Prix at the salon Evry



Member

National Society of Fine Arts,Society of French artists


Guest of honor

1999 Villepinte Exhibition
2002 Salon d'Argenteuil
2003 Autumn Salon Montevrain
2004 Annet sur Marne de salon d’automne
2005 Spring Fair Autumn Fair Courtr Croissy-Beaubourg
2006 Salon  St Germain les Corbeil Montfermeil Salon

 

 

夢と現実の間で

 

マニュエル・リュバロの筆が描く花、ベニス、また嵐の夜は劇場の装飾のようだ。画家は想像と表現の間を漂いながら、現実世界を叙情的なそしてなかば抽象的な世界に変容させる。花々は、燃え上がり、空は輝きを増し、絵画的要素が統一され、光と色彩の快いハーモニーを奏でる。

 

 マニュエル・リュバロはマチエール(質感)を大事にする。彼は、絵具を愛撫するように扱い、練り合わせ、自分の意思の儘に、キャンバスの上に厚く塗りつけていく。彼のタッチは、大胆で自然な腕の動きの延長だ。腕の動きと画面上の動きが見事に一致している。彼の構図は、力強く放射している。画家があの幻想的な雰囲気を作るのは、赤(ヴーミリオン)や青(ウルトラマリン)を純粋な儘使い、一方で色と色の断絶を中間の色調で和らげているからだ。彼は下描きのデッサンを破壊しても、隅々までの精緻なニュアンスを調和させようとする。そこに出来上がるのがマニュエル・リュバロの世界だ。<嵐の夜>は画家の激情が、すべてを支配している。風や海が絵画に影響を与えているとしても、画家は正確に雰囲気を描きだそうとしている。リュバロは自分の絵と距離を保つ事を知っている。その絵をどのようにな方向に導き、どの部分を抽象化し、どの部分に具象性を持たすか判断し、自分が実現したい絵画を描く。現実と夢が交錯する幻想的な雰囲気の絵画は、実は画家の明晰な感性が生み出している。

 

 

Univers des arts No147 2009年12月2010年1月合併号

パトリス・ド・ラ・ペリエール