クリスチャン・ネスワダ

Christian Nesvabda

 

 

1977年オーストリアのウイーンの生まれる

 

1986年 9歳で絵画を描き始める。非常に早い時期から、才能が開花し    画家である父の指導の元、画家としての英才教育を受ける。その後自身のアトリエを構える。自然の中に身を置いて、写真やスケッチに収めた風景や花を彼のインスピレーションに導かれ、豊かで輝く色彩で再構成する。

 

 

1993年 16歳の時オーストリア内外の画廊で展示会を開催。

勉強の為、オーストリア、ドイツ、イタリーを旅行する。この旅行を通じて、各地の美しい自然に触れ、絵画へのインスピレーションを受ける。

 

1997年 20歳の時ザルツブルグのサロンに出展しグランプリを受賞。ウイーンのアートフェアーでマチス、ヴォーゲル等の巨匠の作品と供に展示される

 

1998年 ウイーンの高級画廊ウエイハーグッツ・ギャラリーがネスワダの作品を美術館に展示する。ウエイハーグッツ・ギャラリーで個展を開催し成功を収め、一流画家の仲間入りを果たす。

 

1999-2004年 ドイツ オーストリア イギリス アメリカで展示会を開催する。

 

2012年 交通事故で死去

  • Facebook Clean
  • Twitter Clean